就活

毎日就職活動をしてて一つ思うことがある。

 

それは上等な奴隷になるのは難しいという事だ。

 

俺は学生時代、社会人の事を社畜だと思っていた。

 

日本人は義務教育を通して奴隷教育をされていると。

 

社会人になれば奴隷人生が始まると思っていた。

 

正直、今でもそう思っている。

 

一つ違いがあるのが、俺自身が奴隷になりたがっている事だ。

 

今の日本で未経験から自分の力で金を稼ぐのは難しい。

 

あるにはあるんだろうけど、俺には踏み出す勇気もアイデアもない。

 

なので人並みの生活をしようと思えば必然的に会社様に服従するしかない。

 

ただ、きつい奴隷にはなりたくない。いわゆるブラック企業だ。

 

ブラックに入れば本当に人生のすべてを労働に捧げる羽目になってしまう。

 

だから俺はゆるい会社に入って奴隷としての時間を限りなく少なくしたい。

 

土日を休む為につかうのではなく、自分の為につかいたい。

 

ただ上等な奴隷になるのが難しい事を毎日痛感している。

 

子供の頃はこんな大人になると思ってなかった。

 

昔の自分に言ってやりたい。

 

「お前は将来、奴隷にすらなれないぞ」と。

 

なんとなく昔からわかっていた気がする。