愚痴・経歴について

就職活動をするうえで就活エージェントを利用することがよくある。

 

プロのサポートを受けた方が自分一人で職探しをするより良い職が見つかると思ったからだ。

 

だがエージェントと面談をするときに必ず突っ込まれることがある。

 

俺の職歴だ。

 

俺は新卒で入った会社を二か月で辞めた経歴がある。

 

その経歴はかなり不味いらしく、辞めた良い理由を探すように言われる。

 

実際、まわりの人間にも

 

「二か月は早いだろ」 とか 「根性が無い」 と言われたことがある。

 

だが俺には言いたいことがある。

 

それはブラック企業の二か月とホワイト企業の二か月を一緒にするな、ということだ。

 

俺のいた会社はかなりブラックで、先輩たちの話を平均すると月100時間以上の残業は普通だった。

 

俺自身も新人にもかかわらず60時間はあった。たちが悪いことにほぼ強制された残業だ。夕礼があるという理由で仕事が終わっても帰れなかった。

 

それに加えて前時代的なパワハラが横行しており、目の前で先輩が怒鳴られたり、上司が電話で怒鳴っているのは日常だった。

 

そんな企業を二か月も耐えただけ評価してほしい。

 

にも関わらず、二か月で辞めたという事だけに注目され、だらしがない奴といった評価を受ける。

 

ほんとにふざけた話だと思う。

 

九時六時で帰れてパワハラもない職場にいたら俺だって三年くらい余裕で続けられるわ。

 

しかし周りの評価は三年続けた奴の方が圧倒的に高い。

 

俺はこれはおかしいと思う。ホワイト企業で何年務めた奴でもブラック企業に居たら一か月持たない奴なんてざらにいるだろう。

 

ブラック企業の二か月とホワイト企業の二か月を一緒にするなと声を大にして言いたい。

 

実際面接でこんなこと言ったら落とされるので、言える訳ないけども。